2つの種類に分けられる注文住宅

新築を建てたい!そんな時に考える注文住宅。実は種類があるって知っていますか?「注文住宅」とひとくちにいっても、その建て方にも「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」の2種類があります。フルオーダー住宅とは、住宅に関する全ての仕様を自分の希望通りに決められる住宅です。外観デザイン・間取りはもちろん、使用する木材や断熱材などその名の通り「フルオーダー」で建築する住宅になります。自由度の高い家を作ることが出来るのですが、建築知識がないと資材など何を選択したらいいのかわからず、加えて手間もお金もかかります。一方「セミオーダー住宅」は、基本的な仕様が予め決まっています。お風呂・キッチン・外壁の色など、決められたパターンの中から好きな組み合わせをして設計していきます。

セミオーダー住宅で思い描いた家を作ってみよう!

さて、セミオーダー住宅で家を建てる際に出来ることをおさえていきましょう。自分の家を作る時に重要なのが家の「間取り」です。業者では多くの建築種類を用意しているので自分の生活様式にあった間取りを選ぶことが出来ます。「家族団らんのリビングを広くしたい。」、「1人1人の子供部屋が欲しい」といった願いも実現できます。キッチン・お風呂・トイレといった水回りも業者のプランの中から自分で選ぶことが出来ます。中には「キッチンとお風呂は同一メーカーで」といった縛りもありますが、豊富なラインナップから納得いくものを自分で選びましょう。外壁のデザインや色は仕様の中から選ぶことができます。モダンスタイル、ナチュラルスタイルなどイメージにあった家の外観作りが可能です。セミオーダー住宅で、自分の理想の家づくりをしましょう。

一戸建ては、一棟の独立した住宅を指し、周辺にも独立した家が建ち住宅街を形成していることが多いです。建売住宅、注文住宅の2種類があります。